騙し広告

広告には騙しのタイトルが多い

ネット上には無数の金融関連の広告が乱立していますが、騙しの文章を使った広告も少なくありません。特に、アクセスを稼ぐ目的で「審査が甘い」「激甘で借りれる」といった如何にも多重債務者が飛びつきそうな文章を使った広告が目につきます。少々の誇大文ならいざ知らず、まったく根拠のない誇大広告にはうんざりするより他はありません。

以下は主な虚偽広告文です。

  • 審査が甘い・・・・・・実際は大手のカードローンで審査は甘くない
  • 無審査で借りれる・・・実際はクレジットカードの現金化
  • 極甘審査で優位・・・・実際は中堅消費者金融で激甘ではない
  • ブラックでも借りれる・実際はクレジットカードの現金化

ブラックや無審査での融資は100%ない

ブラックとは信用情報機関の事故情報に登録されている人のことの別称ですが、信用情報機関の個人データが審査に大きく影響を受けている現代において、ブラックに登録されている人への融資は100%あり得ません。登録されていると認識された時点で、即融資の申し込みは却下されてしまいます。

また、無審査で借りれるという話も100%あり得ない虚偽文章です。どんなに審査が甘い貸金業者であっても必ず融資の際には審査があります。審査がないのは、知人や血縁者からお金を借るケースのみで、貸金業者がお金を貸す場合においては必ず審査は実施されます。そして、支払い能力がないと判断された人は問答無用で却下されるのが世の常です。

上述しているように、無審査やブラックでも借りれると偽っているのは、クレジットカードで商品を購入させてそれを買い取るという買取屋がその正体です。いわゆるクレジットカード現金化です。この種の買取屋は貸金業者とは似ても似つかない別業者ですので、キャッシングという名称を使うことはまったくの虚偽といってもいいでしょう。

日本国内

スポーツ新聞の金融広告

スポーツ新聞の広告欄には多くの貸金業者の広告が掲載されています。これらの広告はwebサイト上にある広告とは違い、地元に根付く零細消費者金融(マチキン)の広告です。かつては、この種のマチキンの広告が大量に掲載されていましたし、中には違法業者(闇金融)も含まれていました。現在掲載されている業者は、おそらく違法業者ではなく正規の業者であると思われます。

なぜならば、法改正によって違法業者への処罰が厳しくなったことから、とてもそのようなリスクを負ってまで貸金業者営むとは思えないからです。ただ、この種の貸金業者はネットからの申し込みは出来ないので、直接店舗へ出向いて申し込みをしなければなりません。