遅延利息

支払い期日を超えると遅延金をとられる

毎月決められた期日に支払いが履行できなれば、取り決められた利息よりも高い利息(遅延利息)を取られることになります。これは貸金業法によって、金銭消費賃借契約で損害賠償額を契約内容として定めることが出来ると定められているからです。少し厳しいようにも思えますが、こういった罰則がなければ毎月きちんと支払いを履行する人も少なくなってしまいます。

支払期限に消費者が契約通りの支払いを完了できなければ、債務者は督促をします。最初は電話で軽い口調で問い合わせてくるはずです。それはこういった支払い不履行では、うっかり忘れというパターンが多いからです。その場合はこの電話の問い合わせですぐに解決されて、遅延金もとられることはありません。

損害賠償額

しかし、電話での問い合わせでも解決しない場合には、債務者は債務不履行責任を追及することとなります。その内容は履行されるべき支払い額に合わせて損害賠償額が加えられたものとなります。損害賠償額につき約定利率があればそれが法定利率に優先し、約定利率以上の損害賠償責任を負う必要はありません。

この種の約定利率が一定の利率で決められることが多いことから、一般的には遅延利息と呼称されわけです。ただ、内実は損害賠償額のなにものでもなく、改めて遅延利息も負担しなければならないと強迫観念に囚われる可能性もあります。

いずれにしても毎月の支払いが遅れることは、お金を貸す側にしても借りる側にしても良いことは一つもないことは事実で、余程の事情がある場合は金融業者のその旨を伝えて相談することが重要です。一番悪いのは連絡もせずに逃げてしまうことで、そうなればますます金融業者の追及が深くなるばかりになってしまいます。